オーソドキシー革の製作教室は、革小物からバッグ、旅行鞄などの作り方を
初心者から経験者の方まで、生徒さんひとりひとりのペースに合わせて指導します。

 

革の制作スクール 生徒作品は、トートバッグです。

 

  

 

生徒さんの数だけある デザインは、

当店のスクールが いかに柔軟な教え方をしているか、という結果です。

 

みんなで、同じデザインを 同じ進度で作るスクール、

ばかりが存在するのではありません。

ほんとうの ものづくりの楽しさを、当製作スクールで味わってみませんか?

 

 

本日は、教室の生徒さんの作品紹介です。

 

 

 

ショルダーバッグの回、ですが、こんなにバリエーションがあります。

 

 

好きなものを作ることのできる楽しさって、ほかに例えるものもないくらい♪

みなさんも、参加してみませんか?

 

また、30周年アニバーサリーですが、

ひと月の間ずっと、ランニングで、いろいろな製品を出していきます。

こまめにチェックしてくださいね。 

 

また、リクエストがあったら、それをお知らせいただけば、

こちらでできることは、やってみたいと思っています。

どんどんお寄せくださいね!

 

 

本日は、教室の風景をご案内します。  

 

 

 

 

 当店の「革の制作スクール」は、定員8名の少人数制ですから、

先生の指導内容は、一人一人のやっていることに合わせて、まったく違います。

 

 

 

 

 

生徒はみな、自分の作るもののデザインを自分で決め、

デザインがを描いたり、型紙を作るところから始めます。 

 

 

 

 

 

 革くずが出るので、エプロン着用で、真剣に取り組んでいます。

 

 

 

 

 

 何もかも忘れ、制作に没頭できるこの時間は、貴重な至福の時間です。 

 

 

今回の生徒作品は、

14番目のカリキュラム 「ショルダーバッグ」です。

 

 

 

毎回 思うのですが、生徒さんによって まったくデザインが違って、

すばらしい作品が仕上がります。

 

フルオーダーにおいて、他の追随をゆるさぬ 当店だけに可能な指導です。

 

自分でできるかどうか、 心配する必要はありません。

やってみたいのでしたら、すぐにでも 始めることをお勧めします。

 

 

足掛け8年、教室に通って、

自分の好きなものをたくさん作っていった生徒さんです。

 

今回のバッグは、いわば卒業作品。

 

 

 

紳士ものでたまに見かける形ですが、

これは、なかなか難しいテクニックが随所に使われています。

 

 

  

 

これから新しい生活に入るとのことですが、

ここまで作ったら、満足の行く卒業になります。 おめでとうございます。

 

ここまでの技術をお教えできるのは、当店が技術のお店だから。。。

 

また、プロの使う機材を使うことができる教室であればこそ、

思ったよりも短い道のりで、

自分の好きなものを作ることができるようになるわけです。

 

 

今回の「革の制作スクール」生徒作品は、ショルダーバッグ。

 

 

大きさも、ショルダーストラップの長さも、生徒さんの好きなようにしてもらいました。

さすがにぴったりですね。。。

 

こうした、ひじょうに自由度の高い作品を作ることができるスクールは、

当店のスクールをおいて、他にはないことと思います。

 

 

本日の「制作スクール」生徒作品は、大作です。

 

カリキュラムの、後ろから2番目の「ショルダーバッグ」。

 

 

  

 

なんと、この生徒さんは、昨年4月から始めました。

 

もちろん、初めはまったくの素人。

革を切ったこともなければ、ミシンを踏んだこともありません。

 

オーソドキシーの教授法ですと、こうしたすばらしい作品を、

自分の手で作ることができます。

でもやっぱり、これは生徒さんもスゴイ!

 

 

今日ご紹介するのは、「革の製作スクール」 生徒作品。

 

カリキュラムの13番目にある「トートバッグ」です。

 

 

 

これから始めたいと思っている方から、よく質問されるのは、

 

  「まったくやったことのない初心者なんですが、大丈夫ですか?」

 

という質問です。

答えは、「まったく問題ありません。」。

 

 

 

当店のスクールへ新しく入る人は、ほとんどが初心者。

 

それでも、こうして自分の作りたい色で、

作りたい大きさのバッグを仕上げることができるのは、

プロの講師が、ひとりひとりの生徒に対して、別々に、

型紙作りの段階から、さまざまなサジェスチョンをするからです。

 

それが、一クラスわずか8名、という少人数クラスの特長でもあります。

 

迷っていたら、まずは始めてみることから始めてみましょう!

 

 

最近、13回目のトート作品のご紹介が続いていますが、

昨年開講した日曜コースの生徒さんが、みな、

ほぼ同時に出来上がっている状況だからです。

 

 

 

「カリキュラムをひととおり終えるまでに、

どれくらいの期間がかかりますか?」

 

よく尋ねられる質問ですが、人によって多少違いがありますが、

だいたい一年半~二年くらいが、いままでの調子です。

 

 

 

当スクールでは、とにかく、最初の作品から、

生徒さんに、それぞれの好きなラインの作品を、作ってもらっています。

 

だから、完璧なスキルを手に入れる途中の状況であっても、

その人が、使いたくなるデザインや、

使い勝手のいいサイズのものが出来上がっていきます。

 

これは、「ものづくり」のスクールでは、希少なこと。

技術ある当店のプロがお教えするから、可能になります。

 

あなたも、自分の好きなものを作ってみませんか?

 

 

本日は、教室の生徒さん作品のご紹介です。

 

 

前回前々回と、同じクラスの違う生徒さんの作品をご紹介しましたが、

今日は、ひとりの生徒さんの作品を、進むにつれての二点、ご紹介します。

 

上のお写真は、13番目のカリキュラムにある「トートバッグ」。

 

 

 

こちらは、14番目のカリキュラム「ショルダーバッグ」です。

 

大きさといい、色といい、

どちらも、製作者の個性に合った作品になりました。

 

一クラス八人の生徒の中で、同じ形を作る人はひとりもいません。

楽しいお教室です。