オーソドキシー革の製作教室は、革小物からバッグ、旅行鞄などの作り方を
初心者から経験者の方まで、生徒さんひとりひとりのペースに合わせて指導します。

製作教室には たくさんの生徒さんが在籍していますが、

たまに、ご夫妻で同じ時間帯にいらっしゃる

方々もおいでです。

 

以前ご紹介したこのお二人も、仲の良いご夫妻。

 

MK7

 

だいたい同じくらいの進捗状況なので、

同じような時期に 同じ課題が仕上がるのですが、

拝見していて、とても楽しい感じがします。

 

こうして同じ趣味を持つことができるって、

すばらしいことですね。

 

MK8

 

今日は、奥様の方は最終日。

お子さんが生まれるため、しばらくお休みです。

 

そういった最終日には、

いま作っているものが仕上がるように、

少し前から予定立てて進めて行っていただきます。

ちょっと先生も助けるでしょうか。。

 

MK9

 

最終的に出来上がったトートバッグは、

並んでいただいたら、

「あらあら、お色がひそかにお揃いでしたね♪」

というステキなペアバッグ。

 

自分の手で自分の好きなモノを作る・・・

最高に幸せなひとときです。

 

スクール風景をご紹介します。

みなさんマスクをしていらっしゃいますが、

まだまだ寒い季節で、花粉もありますし、

気を付けていらっしゃる方が多い時期です。

みなさま、お体大切に・・・

 

さて、教室風景です。

(HP上の空き情報は、間違っていることが多いので、

曜日だけご参考になさってくださいね)

 

鞄教室の風景

 

ただ今作っているものについて、

初めの段階で講師に相談するのはもちろん、

こうして進めて行っても、何かと?が出るのは、

革製品の製作が

みなさまが想像する以上に難しいからです。

 

生徒のみなさんの

にっこりとしたお写真の影には、こんな努力があります。

 

トートバッグを製作した生徒さん

 

こちらの生徒さんは、トートバッグを製作中。

ウラ地には、持ち込みのキュートな花柄を使用しています。

最初のお写真が、動きのないお写真でしたので、

あと少しで出来上がる、という

ちょっと嬉しい表情をいただきました♪

 

レザークラフト教室の風景

 

今日はみなさん、こうして革を開いたり、と

最初のうちは、ちょっと動きの少ないお写真なので、

 

製作中の生徒さん

 

もう一枚、ただ今製作の真っ最中!を捕らえました。

革用のボンドでのり付けして、

縫う前のひと仕事をしているところです。

 

当スクールでは、生徒さんに

共通のデザインで作ってもらうことはありません。

みなさん、ご自分の好きなデザインを作っているから、

こんなにいい笑顔をしてくれます。

がんばりましょうね♪

 

 

革の製作教室

またまた教室風景をご紹介します。

 

レザークラフト教室

 

お撮りした写真を分けてましたら、たまたま

男性の生徒さんだけが写っているものがありましたので、

今日は男性の生徒さんをクローズアップします。

 

革鞄教室

 

もう既に6年くらいになる、ベテランの生徒さん。

黄緑色のノートには、アイデアやテクニックを

たくさん書いてくれている・・・と思います。

 

ひととおりの技術を学んでから

自分の作りたいものを

いい環境で作ることができるこの教室に来ています。

 

チャレンジングなデザインを作るときでも、

作りに困ったら、何でも答えてくれる先生がいるのは

きっと心強いことと思います。

 

革製品のお教室

 

大物に挑戦しているこちらの生徒さんは

まだ一年半くらいですが、順調に進んで

カリキュラムの「ショルダーバッグ」を作っています。

 

生徒さんの中には、最終的に

自分でミシンや漉き機を買い求めて

自宅で続けている人は かなり多く見受けられますが、

環境の整った教室で、その時間を埋没する人もいます。

 

いずれにせよ、

一心不乱にものを作る、ってすばらしい時間です。

 

 

教室の終わりの時間、見回すと

とても個性的なバッグを持った生徒さんが・・・

「これは・・・なんて大変な作りのバッグ!」

「ええ、ちょっと時間がかかりましたかねえ。」

「どれくらい時間がかかりました?」

「ええっと、4ヶ月くらいでしょうか。

大変なデザインでしたが、良く指導していただけたので、

何とか仕上がりました。」

 

鞄教室生徒作品

 

男性の生徒さんで、3年以上通っている人です。

当スクールのカリキュラムは、

人によって違いが出ますが、

だいたい2年くらいでひととおりのコースを終えます。

 

生徒さんが製作したバッグ

 

 

コースを終えると、みなさんそこからは

与えられた課題のためのデザインをするのではなく、

ほんとに作りたいものを作り始めます。

 

革製品のお仕立ては、

靴や帽子といったワンアイテムカテゴリーではありませんから、

さまざまな技術を必要とします。

 

お教室の風景

 

 

教室の人数は、クラスによって、日によって違います。

今日は人が少ないので、

プロの職人と同じように、一人ひとつの机を使えます。

 

革製品を作るには、何種類もの機械類と

大きな机が必要なので、スペースが広くないといけません。

そういう贅沢さもあって、

教室へ来ていただければ、その時間集中して

いい環境の元で製作ができます。

 

生徒さんの製作風景

 

こちらの生徒さんは、A4が入るブリーフケースを作っています。

 

製作中の生徒さん

 

 

こちらの生徒さんも、同じタイプの内縫いを作っていますね。

みなさん笑顔で、「すごく楽しいです♪」

こんな風に答えてくれるのは、とても嬉しいことです。

 

 

革の製作スクールでは、

自分の好きなポーチを作ることもできます。

 

カリキュラムNo.8 ファスナー付き内縫いポーチ。

 

 

school2

 

 

ご夫妻で受講していらっしゃるおふたりの生徒さん、

いっしょに仕上がったポーチを手に、にっこり!

 

こんな楽しみ方も、すてきですね。

ほんとうに作りたい革製品を作る技術を、お教えできます。

製作スクールの詳細は、こちらへ。

 

 

生徒作品をご紹介します。

トートバッグの回の作品です。

持ち手を、凝ったデザインにしました。作るのは大変です。

見事に完成して、カメラに収めました。

 

 

sct1

 

 

オーダーして作ってもらうこともおもしろいですが、

自分で考えたものを形にできるのは、

また違ったおもしろさです。

 

「自分の手で自分の好きな形を作りたい」時、

オーソドキシーの技術は、人に教える技も 最高峰。

 

自分だけのデザインを作ってみたい方、

「革の製作スクール」 詳しくはこちらへ!

 

 

「革の製作スクール」の生徒作品をご紹介します。

 

 

sc1301a

 

 

こんなにうれしそうな笑顔をしてもらうと、

作りたいデザインを自分で作れる幸せ が良く分かりますね。

 

 

sc1301b

 

かわいらしいラインは、この生徒さんの個性を良く表しています。

 

カリキュラム内で、こんなに個性を出せるバッグを作れるのは、

当店の技術の一端と言えます。

 

 

昨シーズンに作った、トートバッグのご紹介。

 

 

 

かわいらしいトートバッグは、生徒さんが自分でデザインして、

素材も決めて、大きさも決めて、作ったものです。

 

 

 

花柄のウラ地に、この生徒さんのイメージがよく出ています。

 

ほんとうに自分の作りたいものを作れる教室は、

「オーソドキシーの革の製作スクール」 だけです。

 

 

たくさんの作家を生み出している、当店革の製作スクール。

 

仕事にはしなくても、楽しんでくれる方がいます。

 

今日は、そんな生徒だったの方から嬉しいお手紙をいただきました。

 

こんな教室なんだなぁ~と思いつつ、お読みいただければと思います。

 

 

ありがとうございました。

 

 

※これは、別の生徒の方の作品です。

 

今日ご紹介するのは、ショルダーバッグを作った生徒さん。

 

 

  

 

嬉しそうな顔が印象的です。

 

「自分の好きな形を、好きな革の組み合わせで作る」

こんな楽しいコースだからこそ、

長く続けて、自分やお友達のために、たくさん作っている生徒さんがいるのです。

 

ものを作る時間って、何もかも忘れる、作ることに捧げる

普段 なかなか持ち得ることのない、貴重な時間だと思います。

 

教室のご案内は、こちらです。

http://orthodoxee.net/%e6%95%99%e5%ae%a4%e6%a6%82%e8%a6%81/