2010.07.16

構想三ヶ月のショルダーバッグ

 

「こういうフタのバッグにしたかったのですが、全体をどんなデザインにするのか、

結局、制作中の三ヶ月間は、手を動かしてスケッチ画を描いてました。」

 

 

  

 

ほんとうに難しいのは、この生徒さんの言うとおり、デザインをどうまとめるか、です。

 

 

当教室 では、こうして自分で作ったお気に入りのバッグに仕上げることができるのですが、

作るうえで、苦しさが大きければ大きいほど、出来上がった時の喜びは大きくなります。

 

 

「あと、最近の発見は、

オーソドキシーの革 は、他社の革と比べると、

作っているとき格段にいい、と感じたこと。

 

「不思議ですが、しなやかなのにしっかりしていて、きれいに作ることができる。

こうしたすばらしい革を使って作るのは、ほんとにいいなあ、と思いました。」

 

入会して5年以上経つ生徒さんだからこそ、革の違いまでわかるようになったのです。

すばらしい年月だと思います。